福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。

4月3日に、私の声に応じて、福井県から往復24時間以上かけて、20Km圏内にかけつけてくれた女性から、
メールをいただきました。
ご本人の希望により、長文ですが、全文紹介します。


福井に帰ってきて以来、あまり眠れていません。
目を閉じれば、さまよう犬たちの姿が見えます。
つながれていないのに、家の玄関で、飼い主の帰りをずっと待っている犬たちの姿が見えます。
じっと悲しそうな目でこちらを見ていた牛たちの姿が見えます。

やせ細った子牛と、その子牛をかばうようにしていた骨だらけになった母牛。
運んだ水を競うように飲んだ鶏の姿が見えます。餌が見当たらず、近くに生えている草をあげました。
お水はどれだけ持つのだろう・・・
あの子たちはどうしたのだろう・・今日は誰かにお水や餌をもらえたのかな・・
と思うと、涙が止まりません。

現場に残って動物に餌をやり続ける女性のことを思うと涙がとまりません。
その女性を助けるために、辛い気持をこらえながらボランティアの手配をし、メッセージを送りつづけている木幡さんのことを思うと、
どんなに辛いだろうと思うと、涙がとまりません。

ゆっくりと餓死していく犬や猫、鶏、馬、牛たちも可哀そう。
それを助けようと必死になっている人たちも辛いよね。悲しいよね。苦しいよね。
できれば、こんなことには関わりたくないよね・・・辛い光景なんて見たくないよね。

私もわざわざ福井から福島に行く必要なんてなかった。

でも、いたたまれなかった。
みなければよかったけど、行かなければよかったと思うけど、
でも、行ったから救えた命があったと思うのです。

福井に帰ってきてから、「もう忘れよう」「見なかったことにしよう」とも思いました。
年間30万頭の動物が殺処分される日本で、数100頭の犬猫なんて、ほんのわずかな命かもしれない。
でも、どうしても忘れられません。
助けられない命なら、あきらめます。でも、彼らの命は助けられる。まだ間に合う。あきらめきれません。
もうこれ以上、命が無くなっていくのを見たくないです。

動物の権利が保障され、動物のための法律が確立されているヨーロッパ、
とくにドイツとは違い、日本の動物愛護活動って本当に遅れていると思います。

2004年にアメリカ南部に大型ハリケーン「カトりーナ」が襲来したとき、多くのペットが被災しました。
避難者が避難所にペットを連れていくことができず問題となり、その後、動物愛護団体が中心となって
「災害時にペットの避難所を飼い主の避難所の近くに設置する」法律を作成したのです。
海外ではそれくらい、動物の権利が保障されています。 動物の命の重さが認識されているのです。

だから、動物のニュースは世界をすぐに巡るのです。
津波直後によりそう2頭の犬がニュースになりましたよね?
あのニュース、ABC,CNN,BBC,などの大きなニュースチャンネルで何度も放送されているのです。
YOUTUBEでは何万回も見られています。
3週間も屋根の上にのって海上を漂流していた犬のニュースも、すぐに世界を駆け巡りました。

海外の友人から何度もメールがありました。

ジャーナリストの山路さんが実際にレスキューに行ったこと、素晴らしと思いました。
ジャーナリストである前に、一人の人間として行動した、という言葉に偽りはないと思います。

栃木県知事が命の尊さをよびかけて、「牛の受け入れ」を表明しました。素晴らしいことだと思います。
「人の命よりも牛か」という批判を浴びられているかもしれません。県政のトップの発言として、勇気がいることだと思います。 

では、福島県は?
今までのところ、福井からでしかわかりませんが、
私が聞こえる限りでは「避難地域には危ないから入らないでください」というメッセージだけです。

危ないことは承知で入っている、そうせざるを得ない避難者の気持ちを理解はしてもらえないのでしょうか?

被災者のケアで手が回っていない状態であることは容易に想像できます。
新たな避難先を手配するのが優先になっているのもわかります。

でも、だからといって、餓死寸前の命が無視されてもいいわけではありません。
多くのボランティアがどうして放射能にさらされる危険をおかしてまでなぜ動物を救出するのでしょうか?

なぜ多くの避難者が、ペットに餌をやるためにこっそりと自宅に帰っているのでしょうか?

彼らにとって、大切な命だからです。その重さに優劣はつけられないからです。 

避難生活はどれだけ大変かと思います。
不安な中で生活されていると思う。
そして、ペットが餓死していくのを黙ってみていくしかない・・・
避難者のみなさんは、どれだけの心痛を味あわなければならないのでしょう??

「避難地域には危ないから入らないでください。
>>ペットに餌をやりたい方は、特別な防護服をきて、担当者とはいるようにしてください」

という対策はとれないのでしょうか?

「非難地域には危ないから入らないでください。
>>ペットを連れだしたい方は、自衛隊に頼みますので、住所とペットの特徴を申し出てください」、

という対策は取れないのでしょうか?

「避難地域にはあぶらないから入らないでください。
>>指定のペットの一時避難所に預けてください。ペットの輸送は行政が担当します」

という対策はとれないのでしょうか?

「被災地域でもないくせに生意気言うな」という非難の声があがることでしょう。

でも、いずれ、数100頭の犬猫がゆっくりと餓死していったニュースが、世界をめぐるでしょう。

津波のように一瞬にして命を奪ったのならまだしも、助けられる命なのに、助けなかったこと。

原発のことが話題になる限り、餓死した動物のことも話題なるでしょう。
そして、それが住居もペットもなくした避難者に大きな傷を残したことも、ニュースになるでしょう。

新潟から福島に向かう磐越自動車道の途中で見た、磐梯山の勇壮な姿は素晴らしかったです。
鳥肌が立つほど、迫力がありました。
災害さえなければ、きっと美しい自然や見どころがたくさんある県なのだろうな、と思います。

それが原発事故で一瞬にして奪われてしまった。
福島の名前は、原発事故で汚されてしまいました。

チェルノブイリのように、福島の名前は、原発事故現場「FUKUSHIMA」として、伝えられていくと思います。
残念ながら、これから何十年にわたり、ずっと原発事故の場所として記憶に刻まれると思います。
自然の美しい県なのに、とても残念です。

でも、もし、もしですよ、

福島県が一生懸命に、被災動物たちを救ったら、それもまた、人々の心の中に残るのです。

「原発事故にあい、無数の動物たちが餓死した福島」か、

「原発事故で多大な被害をこうむったが、行政や国が一致団結して被災動物たちを救った福島」か。

それを決めるのは、福島県と国です。

ボランティアのできることには限りがあります。
国や行政が力を貸してくれれば、まだ生きている動物たちを助けることができるかもしれません。

福島県と国が一致団結して、福島の素晴らしさを世界に示してほしいです。

あきらめきれない私は、引き続き、世界に向かって救援依頼のメッセージを投げ続けていきます。


スポンサーサイト

■コメント

■ [ヤマキ]

少しまえの記事に書かれている
橋本町でチワワを保護してくださっているかたのチワワが絶対うちのいなくなってしまったチワワだと思うんですが、どうやったら保護主さんと連絡を取れるでしょうか?連絡お願いします。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [三角]

ヤマキ様
はじめまして。私が保護主さんと会っております。
メールいたしましたので、ご連絡くださいませ。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [伊藤真澄]

このメッセージをコピーして情報発信してよいでしょうか?
今回の事は、政府の責任でもあるので政府が協力するべきだと思います。それどころではないと言われるかもしれないのですが、食べ物もないところで、あまりに可哀想です。また、獣医師会も現地入りできないとの事でしたが、保護や治療などはお願いできないものでしょうか?獣医師会には、電話とメールで何度もお願いしました。また、環境省は対策がないものでしょうか?環境省の担当は福島に行っていると言われました。皆さんの活動に敬服します。
食べ物等を送る事できます。送り先等教えてください。ありがとうございます。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [ヤナギ]

はじめまして。たまたまここに辿り着きました。
私もこのメッセージを転載させてください。
こういう情報は、どんどん多くの人に発信するべきだと思います。意識を変えて欲しい。関心を持って欲しい。そして、日本が変わって欲しいです。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [ラビペン]

私も全く同じ意見です。
もどかしい思いの人たちはたくさんいると思います。
沢山のものを失った方たちに、もうこれ以上失うものが
あってはならないと思います。
こちらのメッセージを読んでほしいのは、
政府や行政の方たちです。
せめて今生きている命を助けるためにも
出来るかぎり声を大きくする必要があると感じます。
こちらの記事、転記させて頂いても良いでしょうか。
よろしくお願いいたします。

また、何か少しでも命をつなぎとめる
ことができるのであれば、その方法を教えて頂けると
有り難いです。
一時預かり、物資の支援、その他何かできることが
あるのであれば、どうか教えて下さい。
現地に行けないことが心苦しいですが、
よろしくお願いいたします。

■記事の転載について [クネ]

コメントくださった方々へ
ありがとうございます。記事の転載については、私自身は、多くの方に知って欲しいと思っています。ご本人のご意向を確認中です。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [鈴木麗]

はじめまして!
ツイッターでこちらの記事が紹介されているのを見てお邪魔させて頂きました。
この記事も、そして目玉おやじ様のご活動も感動しました。
思わず拙ブログにてご紹介させて頂きました。
後からのご連絡になってしまいましたが、どうぞ宜しくお願い致します!

■ [あい]

たびたびすみません。ご連絡先は、どちらでしょうか・・携帯から先日ブログに書いてあったアドへ送っておいたのですが・・届いていませんか?今見ると、アドを消されたようなので、もう一度携帯からも送れるアドお知らせください。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [マグノリア]

初めまして
全ての命を慈しむ♪魂のノブレス・オブリージュのための学校さんにこの記事を教えて頂きました。
リンクをさせて頂きたくよろしくお願いいたします。

■政府が容認 [こまり]

Twitterから読ませて頂きました。
それで今さっき、このニュースも知りました。
20キロ圏内立ち入り容認だそうです。
↓↓↓↓↓↓
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=japandisasteranimals&articleId=10853827961

■あいさん [クネ]

> たびたびすみません。ご連絡先は、どちらでしょうか・・携帯から先日ブログに書いてあったアドへ送っておいたのですが・・届いていませんか?今見ると、アドを消されたようなので、もう一度携帯からも送れるアドお知らせください。
azukow@snow.plala.or.jpです。携帯からでもぜんぜんOKですよ。

■ [あい]

やはり、このアドレスから昨日も送っています・・今改めて、携帯から、連絡先を書いて送りました。届きましたら、返信お願いします

■ [さすけ]

昨日動物を搬送させていただきました東京から行ったものです。
土曜日遅れてですが行けるようになりましたので、よろしくお願いします。

■20キロ圏内立ち入り容認が [totoro]

なされた後に、政府の意向で20キロを圏内立ち入り禁止にする方向だそうです。
嫌な予感がします。そうなるともう誰も入れなくなる。
取り残された動物を救えなくなる。怖いです。彼らは死を待つのみになる。
どうすればいいのでしょう・・・
ただでさえ一ヶ月も放置されギリギリのところで何とか生きている
そんな動物達をこれ以上苦しめたくない・・・
憤りでいっぱいです。
このメッセージに本当に共感し心を打たれました。
何故日本の国や行政は動物に対してこんなに理解がなく遅れているのか。
個人の方達がこの悲惨な状況に立ち向かいこんなに動いて下さっているのに。

■Re: 記事の転載について [クネ]

> コメントくださった方々へ
ご本人のご意向了承得ました。
転載OKです。以下、ご本人のメッセージです。彼女の意思を傷つけないためにも、
転載には、良識あるご判断をお願いします。ありがとうございます。
_________________________________
少しでも動物が救われるのなら、記事を使ってもらってもOKです。
全然かまいません。行政の人に見てほしい・・・・・
ただ、私の書いた一部を転用して、ボランティア批判に使うのならNGです。
福島の方の心情を傷つけることにならないといいのですが・・
_________________________________

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [モヨチュ]

読ませていただき、物凄く考えさせられました
私のブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
私が思ってる事を、全て代弁してもらった感じです

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [mebu]

初めまして。
ブログで紹介されていたのを見て、伺いました。
このような現実があるということを、私達は知っていなくてはいけませんね。
日本の仔ども達に対する保護法はあまりにも遅れています。
twitterとAmebaなうで紹介させてくださいね。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [femi]

はじめまして。

私は、ブログで紹介することしか出来ませんが、
少しでも多くの方に知っていただきたい、
そんな思いから、転載をさせていただきます。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [Gypsy]

こんにちは。
Gypsyと申します。

動物達の「命」に責任がある私達なのです。
助けられる「命」なのに置き去りなど言語道断・・・
種は違えど大切な「命」。
心が痛くて痛くてたまりません・・・
動物達の命を繋ぐのは私達人間。

この現実を多くの人間に知って欲しいので
是非、転載させて下さいませ。
よろしくお願い致します。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [maco]

はじめまして。
もう本当に助かった命の灯が細くなっていく事に涙が毎日止まらないんです。
私には何もできないのでしょうか……

私もブログに転載させてくださいませ。
日本はなんて遅れている国なんだろうと
やっぱり思わされてしまいます。

■同感です [ノルウェー在住ジジ]

「被災地の動物のことを考えなければ楽だ」
と私も思いますが、それができないんですよね。

がんばりましょう。

素晴らしい記事です。
ブログで紹介させていただきたく思います。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [Edy]

自らの意思で覚悟を決めて現地に乗り込んだ方ならではの情報ですね。
マスメディアの表面的な報道では、決して知ることのできない現実…。
泣けて仕方ありません。
微力ですが、私のブログに転載させて頂きます。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [charmmy]


沢山の方に読んで頂きたいと思います
転載させて下さい 宜しく お願いします。

■福島県より [そら]

ボランティア、ありがとうございます。
たしかに多くの動物たちが、危機にあることは悲しいことですが、事実です。
しかし、多くの人命が未だに危機にあることも事実です。
私達は震災だけでなく原発の事故という二重の苦しみの中にいます。
福島県の対応を非難されていますが、県や市町村の職員の方々も被災者です。自分のことは後回しで活動してくれているのです。
動物たちを見殺しにする福島県といった意味合いの言葉がありましたが、私にはその言葉は許せません。福島県とは何か?それは私達福島県民を意味するからです。震災で辛い日々を送り更にこのような侮辱はありません。
動物たちの命と人命を秤に掛けることはできませんが、同時にすべてをする事も出来ません。
福島県としたら、優先順位を付けるしかありません。
人命を救うのか動物たちの命を救うのか、二者択一の状況がずーっと続いているのです。
この選択をどう考えますか?
私には答えが見つかりません。
福島県より被災者の声を聞いて欲しくて投稿させて頂きました。
乱文、お詫び申し上げます。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [mikan]

福島県の人々は自分の親、兄弟、子供をまず守る事、そして故郷を追われて一体帰る事ができるかどうかわからない、そんなところに立たされていると思います。行政はまだ守られていない人をどうするかで手一杯でしょう。自分たちだって逃げたいでしょうに、市民への責任で真剣に頑張っていらっしゃると思います。福井県に帰るお家がある人から見える問題とは全然違う立場にある事を察してあげるべきではないでしょうか。また、逆に言えば、今お家があって、親兄弟が無事な人がこの動物達を救ってあげたらいいのではないでしょうか。
私は原発に関しては罪のない国民は一人も居ないと思います。皆でこの状況を許して来てしまった。そうでなければこの地震国に50数基もの原発が立ち並ぶわけないですよね?

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [サムライ]

福島県にいながら、なぜ、他県の人にボランティアを呼びかけるのですか。避難指示区における餌やりなど、他県から通うのは無理です。まず、福島の人が立ち上がるべきではないですか。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [kumi]

今、なにが出来るのか・・
何か出来るはず!

転載させてください!

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [I]

どちらかを選ぶのではなく、どちらも救うことって出来ると思います。
優先順位をつけるのは、人間の命と動物の命を秤にかけることと同じです。
救おうと思えば、全国に呼びかける事だって出来たはずです。
人間を非難させる前に「動物は非難させられないから十分な食べ物を置いておくように」
という指示だって出来たはずです。
ペットが餓死するのは仕方ないことなのですか?
今この瞬間にも、息絶えていっている子がいます。
今からでも遅くありません。
福島県には、全国に呼びかけてほしいと思います。
国の力を借りて呼びかけてほしい。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [I]

非難→避難
でした。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [YM]

心に響きます。こちらの記事を転載させていただきました。

■人災 [MM]

これは、人災以外の何ものでもない。
助けられる命を無駄にしないように、国と福島県、あるいは東京電力が何らかの措置を取るべき。
これ以上今回の震災による被害を大きくしてはいけない。
特に何も罪のない動物達を見殺しにするなんて、絶対に許せない。

■Re: 今、最後まで読んで欲しい。20Km圏内に飛び込んでいった女性の言葉 福島県のひとに。全国のひとに。 [たかむら]

動物たちと飼い主さんが一刻も早く安心できることを本当に心から願います。
こちらの記事を1人でも多くの方に読んでいただきたいので、転載させていただきました。

■ [ナナ]

福島県に住む者です津波に地震に原発におまけに風評被害…毎日安心できる日がありません
多分何が大切かによって考えが違うんでしょうね
動物私も大好きです。だけどこの問題について私はどういっていいかわかりません
ただ見殺しにしたくてしてるわけではないことをお願いですからわかってください
原発の国福島。これからそう世界に認識されてしまうのは福島県民でありながら悲しい現実だと思います
だけど私の住まう地域では地震の時も買い占めなどという事は起こりませんでした…みんなが自重して必要な物を最低限買っていました
そこは世界には誇れませんか?
福島県の対応が悪いのは重々承知です
だけどみんな精一杯頑張ってる事だけはどうか知っておいて下さい。

■ [YU-KA-RI]

こんなことがあっていいんでしょうか
悲しくて悔しくて心がちぎれそうです
私は絶対に自分の愛する猫 犬 動物はすべて置いて立ち去るなんてできません。
立ち去るくらいなら私は一緒に死んでいきたい。これは言い過ぎでしょうか。大切な動物より私の自分の命が重いなんて思ったことはありません。福島の飼い主さまたちを責めてこんな発言をしているわけではありません。 先進国日本で起きた事故の後に 東京電力や国はこの現状を見て何もしないなんて 私はよく日本に今まで住んできたのかと本当に悔しいです。これ以上人間は動物を裏切っていいのですか 自然を裏切っていいのですか?
人間はいつからこんなにえらくなったのですか?もちろん人間の命だって大切。比べられるような命はないと思いたい。私はずっとそう信じてきました。動物が与えてくれた私の人生の光。私はそんな動物と笑顔でこれからも生きていきたい。だからこれ以上 苦しめないでください。
お願いします。

■承認待ちコメント []

このコメントは管理者の承認待ちです

■承認待ちコメント []

このコメントは管理者の承認待ちです
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。