福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【地震・原発関連】復興へのエネルギー 福島より

福島市の某メーカー勤務の夫が、今日こんな話をしていた。

夫の会社の機械(漠然としてるなぁ。)は、震災で大きなダメージを受けた。
今まさに必要とされている、
電気の配電盤・ガスメーター、電気メーターを一刻も早く作らねばという使命があるのだという。

しかし、いまだ、復旧ができずにいる。

「企業内の営業や取引先が、遠慮して要望を言ってくれなくなった。」



のだそうだ。

顧客の要望、仕事の具体的な意見・・・
すべてが今、”気遣い”という優しさから、東北に発信されなくなっているのだという。


そうだろう。そうだろう。
いまや、首都圏も被災地のような不自由をしている中、
全国的に、”被災地を気遣うべき” という空気が世の中を支配していることだろう。


だけれど、

「普通に言ってほしい。」



のだそうだ。

復興のためには、東北の企業が自ら奮い立ち、立ち上がるべきだと夫は言う。

地震によるダメージ、放射能の恐怖。

被災地とはいえ被害が比較的小さいと思われる福島市もまた、大きな負のエネルギーの中にいる。

人間というのは、だれかによりかかっているだけでは復興できない。

「むしろ、難題を投げかけてほしい。」



困難な状況の中、今の福島は、沈鬱な表情しか見つけられないけど、
課題を与えられると、人間は変わってくる。困難をどう乗り越えようかと考え出す。

それこそが、復興のエネルギーなのだ。

被災企業の声である。

身内の話だが、
これは、被災者だからこそ分かる、「復興へのみち」なのかもしれないと思い、
恥ずかしながら、紹介した。





スポンサーサイト

■コメント

■Re: 【地震・原発関連】復興へのエネルギー 福島より [宝珠山 継男]

こんばんは。
被災していない九州の地で、このような事を申すと怒られるかもしれませんが、敢えて。

以下は、松原泰道さんという方が著わされた『日本人への遺言』という書物より・・・


人生の中で起きた不幸な出来事は、どこから送られてきたかはわかりませんが、
受取人は、確実にあなただということです。

受け取ったものをどう展開するか、そこはお手並み拝見というところ。

誰の人生にも辛いことや悲しい出来事はつきものです。

しかし人間は、どんなに辛くとも耐え忍ばなくてはならぬと私は思う。
辛くても悲しくても、どうしようもなくても、それはあなたに与えられた使命なのです。

私は思うのです。

自分が受けた、”耐え忍ばなければならない不幸な出来事”とは、どこから送られてくるのか、
発送人はわからないけれど、受取人は確実にあなただということです。

受取人指名をされているわけ。

どんなに辛くても自分が受け取らなければ、他の誰も受け取ってはくれません。

あなた自身が真正面から受け止めなければ、苦痛はずっとつきまとうということです。

受取人は自分自身であるということを、きちんと確認して、
それを自分の人生にどうプラスにしていくかを考えることが苦痛を和らげる方法です。

***
差し出がましいとお感じでしたら、ご容赦ください。

■Re: 【地震・原発関連】復興へのエネルギー 福島より [やのひろみ]

初めてコメントさせていただきます。

愛媛でフリーパーソナリティをしているものです。
今日のラジオの冒頭に
週末にあった句会ライブのことを話しました。
数多くの投句の中から来場者満場一致で
今日のナンバーワンに輝いた一句(被災地への鎮魂句)
「桜咲け海に沈みし町に咲け」
のことを紹介しましたところ、
それを聞いてくれていたリスナーさん
(どうやら貴女のお友達のようです)
が私のブログに書き込みを下さり、
貴女のブログのことを教えてくれました。

今、私は愛媛で出来ることとして
募金・献血などはもちろんなんですが、
私たちが元気に働き消費し力を付けることと、
被災地のことを今だけでなくずっとずっと
発信し続けることだと思っています。

「普通に話してほしい」ホントにそうだと思います。
誰かに支えてもらってるだけじゃなく
誰かを支えている自分が
生きていく上では必要なのだと思います。

なかなか言葉では薄っぺらいような気がしますが
無理せず愚痴も吐き出しながら
頑張りすぎない、諦めない!の気持ちで
情報発信してください。

また覗かせていただきます。

■承認待ちコメント []

このコメントは管理者の承認待ちです
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。