福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

■2008年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 目玉の陣 大阪城おやじ

時は元和一年。
徳川家康が大阪城を再び攻め、豊臣家の命の灯火をまさに消そうとしていた時代でございました。

大阪城5


どこの大名でもない、また名の知れた戦国武将でもない、ひとりの妖怪が家康の度肝をぬいたのでございます。

大阪城2

▲それは、天守の上におりました。邪気のない顔で、悠々と家康の陣を見つめておりました。
ただならぬ妖気は、そこここにおる者の士気を失わせるに十分でございました。
そして、目玉はゆっくりと静かに真田幸村のほうへと合図を送ったのでございます。
目玉だけに、目で合図を送るのはたやすいこと。

大阪城4

▲ぬかりなくその合図を受けた幸村は、鬼神のごとき声音で叫んだのでございます。
「今じゃ。討てー!」

大阪城7

▲するとどこからともなく、異形のものがひとりまた一人と幸村の周りに集い、砂を投げたり、巻きついたり魚を投げたりして戦いに参加しました。

徳川方についておりました秀吉子飼の大名どもも、大阪方有利と見るや、あっさり味方を捨て、
徳川方は総崩れとなったのでございます。

そう、天下は目玉のものとなったのでございます。

しかし、歴史はそうカンタンに変わるものではございません。
結局、300年を誇る目玉の天下も、幕末の志士により倒され、明治維新が起こり、
日露戦争が起こり、第二次世界大戦が起こって、バブルがきて、平成の世がきて、今にいたるのでございます。

大阪城1

その栄華の時代は、現代ではこのようなグッズとして、ひとびとに知られるのみとなったのでございます。

スポンサーサイト

もともとそうなわけで・・・。独眼竜おやじ 宮城限定

伊達政宗といえば、刀の鍔(つば)を模した眼帯をした姿が思い浮かぶわけであるが、
今回の目玉おやじさんのコスプレ(?)は、その点において、無理があったといえなくもない。

独眼竜2 独眼竜3
▲もともと独眼だもんなぁ。

独眼竜1 独眼竜4

▲三日月の前立ての、伊達兜はグーッ!

独眼竜5 独眼竜6

目玉おやじさんのカッコよい出陣の場面に、砂かけ、児啼爺、一反木綿は、頼もしげに見送っている様子だが、竹に雀の旗指物を目の前に、ぬボーっとたたずむぬりかべの表情がすぐれない。
って、いつもこの顔か。

夫出張シリーズ。仙台駅にて入手してもらった。
タグ : 目玉おやじ

小山ロール 兵庫県三田市のおたから

兵庫県三田市 小山ロールなるものを体験。
スイーツに詳しくない私であるが、TVチャンピオンのパティシエ小山氏というと、
その名に聞き覚えがある。その方の渾身のロールケーキだそうだ。

小山ロール1

▲思い悩んだ末に浮かんだアイデアは「Simple is BEST」だったとか・・・。
たしかによくあるロールケーキとは少し違う。(小山ロール:税込¥1260)

小山ロール4

▲実にウマかった!生地だけでいいくらいだという声もある程に、
生地がなんていうんですかね、コクがありつつ、余計な味はしないし、ちょっと懐かしい。

小山ロール3

 
小山ロール2

▲こんなオシャレな保冷バックもステキであります。

酒飲みのくせに、甘味にうるさい私におびえ、最近甘いお土産を買ってきてくれなくなった夫が、取引先の方にいただいたと、嬉しそうに報告してくれた。

どうやら、小山氏のお店、パティシエ・エス・コヤマは行列あたりまえのお店だそうで、地元の人もなかなか入手できないのだとか。
パティシエ・エス・コヤマ公式サイト
兵庫県三田市ゆりのき台5丁目32-1
079-564-3192
タグ : 小山

更新は春だけかい!

虫におびやかされることもない(=夏~秋)、潮激風も吹かない(冬)今を逃すと、
私はまた庭に出られなくなります。
結果=春しか植物観察ができない。ということになっております。
何かよい解決策はないものでしょうか」

清楚だなぁ。
何にもお世話していないのですが、今年はたくさん花をつけてくれました。

スノードロップ

そんな「聖!」なイメージのスノードロップちゃんとは対照的に、
「妖!」な空気を出しているウラシマ氏も、今年はあちこちから登場してきました。

ウラシマソウ2 ウラシマソウ2

もうそろそろ終わりかなと思いきや、
緑白系クリロ嬢は、いきなりラストスパートをかけてきました。
ヤマボウシの幹が彼氏に見えます。

クリスマスローズ

こちらもずいぶん増えてくれました。清純派なんですが、近くで見るとなかなか華やかな美人です。

シャガ3

秋には黄色い花をつけるツワブキですが、
私は今の季節のほうが嬉しい存在です。伸びたばっかりの若い茎をさっと煮ると、
アクもない、上品な煮物になります。これまたあちこちから顔をのぞかせています。

ツワブキ

ショカツサイは、どこからか種が飛んでくるのでしょうが、
思いがけないところから顔を出しています。

ショカツサイ

▼何度読んでも、おもしろいのですが、私の場合は『エセ園芸家2ヶ月』といったところでしょうか。

園芸家12カ月改版

妖しくも美しい 真珠おやじ 伊勢志摩限定

昔むかし、、伊勢の漁師が海岸で漁の片づけをしていたときのことじゃった。

真珠おやじ1


ふと岩場の間に目をやると、なんとまぁ美しい貝があるでねえか。
「こら珍しい。早速かわいい嫁さんに持って帰ろう」と、そうっとひっくり返してみた漁師は、
びっくりして腰をぬかしてしもうた。

真珠おやじ2

『あ~れ~。いややわ。はずかしい・・』
美しい貝の中から現れたのは、

真珠おやじ3

しどけない姿で、横たわる小さな妖怪だったのじゃ。

真珠おやじ4

くねくねと体をひねらせるその姿に、後ずさりしたものの、
ただならない妖気を感じ、漁師は、そうっと、海へ帰してやったのじゃ。
すると、翌日から大漁つづき。漁師は、あっという間に村の長者になったとさ。

真珠おやじ5 真珠おやじ6


※知人が伊勢神宮おかげ横町で見つけてくれた。
貝がらの質感も色もとてもよいので、思わずまたこんなことをしてしまった。

動物漫画第5弾 行儀のよいタイワンリス編

暗い日記を書いてしまいましたが、
4月です。
温かい励ましをいただきながら、元気を取り戻し、(ありがとうございました!)
くだらない動物ネタ再開です。

risu1.jpg
??いいもんめっけ!

risu2.jpg
▲カプ。

risu3.jpg
▲まぁまぁね。

risu4.jpg
▲こっちの横っちょのとこを。カプ。

risu5.jpg
▲ぷはー!

risu6.jpg
▲ありがとやんしたー。(ごちそうさまのポーズ)

※タイワンリスの餌付けは禁止されておりますが、
これ、庭に来る鳥さんにと思い、置いておいた夏ミカンでして・・・。
(言い訳しました・・・。)

おそるべし!ヨウカイカイ 海の幸シリーズ

4月になった。
元気を取り戻し、またふざけたブログを再開します。

貝1

▲貝をきれいな端切れで包んだ根付けは、友達のおばあちゃんの手づくりです。
並べてみると、まあかわいい。

貝2

▲いや、なにか、妖気を感じる。

貝3 貝4

▲抜けようともがく目玉のおやじさんが脂汗を流しているところを見ると、
どうやら、ただの貝ではない。
海岸で何気なくフツーの貝のふりをして、近づいた子どもや老人をパクッとくわえこみ、
じわりじわりと食べてしまう。その名も妖怪貝・・ヨウカイカイなのだ。
(※ヨウカイカイは管理人の妄想上の妖怪です。)

神奈川県三浦市油壺・マリンパークで購入。

ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。