福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

■2006年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉 双盤念仏はFUNKなリズムだった!

念仏といっても、あの淡々として眠くなる念仏ではない。
「双盤」とよばれるこの念仏の独特のリズム、太鼓と平鉦と「ナムアミダブツ」のコラボレーションだ。
「かながわ民俗芸能 50選」に選ばれていることを知りもせず、思いがけず体験できたのは幸いであった。

お十夜1


しかもオープニングは派手めの雅楽である。
関東甲信越各地から集まった僧侶たちが、荘厳な法衣を身につけ、
ぐるぐると本堂の中を回りながら唱える念仏には、時折
「○△~○!○!」って感じのファンクな「決め」が入る。
私はいっぺんでこのリズムに震えがきてしまった。
こんなリズムを聴いてた昔の日本人は、イイ感じのリズム感を身につけていたに違いない!


お十夜3

お十夜4
長く白いリボンが、境内から仏様へとつながっており、これに触ると幸せになるとのことだ。

鎌倉材木座光明寺の「お十夜」は、1年に1回行われる浄土宗大本山の法要&イベントである。
起源は1495年と古い。普段は静かな境内が大いに賑わう4日間である。

お十夜2

お十夜5

夜店で久々に童心にかえるのもまた楽し。

スポンサーサイト

アルモリック 鎌倉のクレープ

2年前くらいにオープンして、以来ずっと気になっていた店の
ひとつがこのそば粉クレープのお店「アルモリック」であります。

遅めの昼食とシャレこんだわけだが、予想以上にウマかった!!!
クレープといっても、甘いお菓子ではなく、ちゃーんと
お食事のクレープである。フランスではガレットと呼ぶんだそうだが。
いただいたのは、
「シードルで煮込んだ若鶏のマッシュルームクリーム仕立リンゴソテー添え」。大変美味しゅうございました。
ガレット1

いつもそうですが、食い尽くした後で、写真撮影をしていなかったことに気づくという始末で、この写真はその後いただいた「砂糖とバター」だけのシンプルなガレット。

ガレット2

ドライなシードルとの相性もバッチリ。こんな器に入れてくれる。


「アルモリック armorique」とは、フランス語で”海辺のまち”という意味だけど、古い言葉でイケてないらしい・・・と話してくれた若いご主人がまた控えめなオモシロキャラで、居心地もよく、大満足でありました。

クレープリー・アルモリック
神奈川県鎌倉市大町2-2-34-1 電話:0467-22-7186
営業時間:9:00 ~ 18:00(L.O.17:00)定休日:毎週木曜日


醤油 in湘南国際村

夏が過ぎ、鎌倉の海沿いも、ようやく静けさを取り戻した。
夏はゼッタイに近寄らない134号線を車で飛ばし、ひさびさの葉山へ。

湘南国際村は、混雑の嫌いな私の好きな場所のひとつである。
何を隠そう、車の運転練習をたびたびさせてもらった。=人が歩いていない。

お堅い雰囲気の本館内にある和食のお店は空いていて、三浦半島の地魚を品よく、しかもリーズナブルにいただけるので、とくに気に入っている。今日はなかなか面白い企画をしていた。

葉山国際村4


三浦野菜だけを使った酢の物
月替わりでご当地のお醤油を色々楽しめるというものなんだけど、
スズキ、マグロ、トビウオなどの地魚のお刺身を3種醤油で堪能。

いいんじゃないですか?こういう企画!
なにも葉山だからって、「葉山ブランド」ばかりじゃないほうが。
そのうえ「ご当地」という言葉と「日本地図」に異常に反応してしまう現在の私の心は
なにやらすっかりお醤油色に染まってしまった。

葉山国際村1
葉山国際村2



(右)こういう形の器にいろはの3種類のお醤油が入っているわけですね。
今日の気分では、「は」の静岡「本丸亭」というお醤油がまろやかで、塩味も控えめで、いいお味でございました。



ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。