福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

■2006年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物マンガ シジュウカラ編


タイトル『もの忘れ』

02_shijuukara_4.jpg

「えーっと、財布どこやったっけ?」

02_shijuukara_6.jpg

「ん?こっちだったっけかな?」

02_shijuukara_3.jpg

「こんなとこ、置くわけないし~、」

02_shijuukara_2.jpg

「ちょっと、ボケてきたかねえ、あたしも。」


春はもの忘れに気をつけましょう。



02_moo1.jpg

「それって、自分のことッすか?」
スポンサーサイト

サクラつながり


鎌倉は今、どこもかしこもピンク色。
狂ったついでに、また、かっとばしてきました!!
来月からは忙しいので、平日動けるのは今だけ。という焦りと、
昨日の雨風で散ってしまったのでは?という焦りで、
この世で最も苦手な早起きをしてしまう、という異常事態です。

05_sakura_koumyouji3.jpg

「材木座 光明寺の鐘楼とサクラ」

頭をクールダウンするために(-_-;)、じゃなくて、
サクラはモノクロで別の存在感が出るような気がしまして、、。

05_sakuragai.jpg

材木座海岸は「ビーチコーミング」のメッカ?
ことにサクラ貝は有名なのですが、
この時期、サクラ貝で浜辺がうっすらピンク色に。
(現在かなり減少しているのが現実ですが)
今日もピンク色に敏感に反応している一日となりました。

ピンクピンクの鎌倉です。


いやあー。凄かったです。
思いのほか晴れたので、ご飯も食べず、ボサボサ頭で、
財布も持たず、かっとんできました~。

とにかくどこもかしこもピンク一色。
街ゆく人もにこにこ、な1日でした。
市内を全部回ってやろうかとも思いましたが、さすがに
お腹がすくわ、金はないわで、へろへろになって途中リタイアしました。

05_sakura_myouhon2.jpg

画像がいっぱいあるので、
今日のサクラのスライドショーつくっちゃいました。
クリックするとジャンプします。


鎌倉の詳しいサクラ情報は
よろずや2643さんの鎌倉ブログ

サクラは人を狂わせる。

江ノ島トンビと、スリリングな距離。


海のそばにいるからといって、
皆がみんな、毎朝浜辺を散歩したり、ポニーテールに白いシャツ(いつの時代だよ)
みたいなサワヤカさんばかりではないのであります。

そんな非サワヤカ系の私ですが、初夏のような陽気に
ついふらふらと江ノ島まで足を伸ばしてしまいました。

02_tobi_enosima.jpg
江ノ島・岩屋洞窟上の食堂から撮影。


05_enoshima1.jpg
5~6羽のトビが旋回する高さとほぼ同じ高さのテラス席。

同じ目線で食事をするなんて、危険行為ではないのか。
私はとりあえず身構えたが、
心地よい潮風と、サザエ・旬の生シラスと生ビールの前についつい軟弱に。

しかし予感は的中し、
一時私との距離1メートルという、しかも正面対決の構えとなり、
緊張感は一気に高まることとなりました。
テラス席のほかのお客さんからはウォーという低いどよめきが。。

ちょっと怖かったです。

江ノ島と江ノ電などの楽しいブログハギZさんの日記

ムスカリ3兄弟、浄明寺ネコ3兄弟。


今日の神奈川県。
サクラ開花前の恵みの雨という感じでしょうか。
わが家のムスカリが仲良く咲きました。

01_musukari3.jpg
ムスカリ3兄弟。


そして鎌倉・浄明寺にも3兄弟がいました。こちらはネコです。
浄明寺へのお気に入り散歩コースの紹介

CIMG1002.jpg
お寺の受付なんですが・・・。
受付の人は、猫に埋もれてお仕事してました。

ゴーインなまとめかただなあって?たしかに・・・。
だけどホントにどっちも私には3兄弟にしか見えなくなってしまいました。

動物マンガ ズーラシアのスズメ編


横浜ズーラシア(動物園)にいってきました。
なんか、園芸ネタから少しずつ遠ざかっているような昨今。
はい、お察しのとおり、実は公開するようなネタが、、。


suzume1.jpg

スズ男「おい、お前、水に顔つけられるようになったのかよ?」
スズ彦「え?」

suzume2.jpg

スズ男「オレなんか、ウリャウリャウリャ!!」
スズ彦「うっ。」

suzume3.jpg

スズ彦「ボクだって、コンニャロコンニャロ!!!ブグブグブグ。」
スズ男「おっ!」

suzume4.jpg

スズ男「おお、やるじゃねえか。」
スズ彦「ふう、、はあはあはあ。」

こらーっ!!またおまえらかっ!!

suzume5.jpg

スズ男・スズ彦「やべっ!!」


zoo7.jpg

ちょっとぉー。ズーラシアまで来てなんでスズメよ。
スター:オカ子(オカピ)

修行。そして出土物。


お宅の土はお元気ですかー?

本日は、黒っぽいダリアの球根を植える予定でした。
「タリラリラ~」と、本来言いたかったところを抑え、
無言で喜びを表現しながら、
日当たりのよい場所を探しつんつん、とシャベルで軽くつついてみたところ、
恐ろしい事態に。(泣)

IMG_2186.jpg

でるわでるわ、コーヒー空き缶。意味不明の固いパイプの切れ端、
プラスティックのなにか、石、ブロックのかけら、軍手。
そして、固い粘土の塊バケツ5個ぶん。

哀れなる庭よ。

元々の粘土質の岩盤のような土地に、以前あった生命保険会社の保養所建物の残骸。

初心者園芸家としては、もちろん黙って見過ごすわけにはいかず、
シャベルをツルハシに持ち替えることになったのでございます。

ダリアの球根を植える = 楽しい。春を満喫。


修行。

となってしまった春分の日前日なのであった。
そして修行中、私は完全に【無】になっていたと思う。


ユキヤナギー。


アジサイだけでなく、誰もかれも(植物と虫と天候の話です)
猛然と勢いを増してきた春。
海岸付近はこの時期強風も多く、初心者園芸家としては気が休まらない。

トキワツユクサはどんどん増殖するわ、動物園には行きたいわ(は?)、
友達の子どもは卒業するわ(へ?)金はないしで、(はいぃ?)
ブログがお留守になっちゃいました。
せっかくコメントをくださっていた皆様、失礼をお許しくだされ。

06_yukiyanagi.jpg

まあ、そんなわけでユキヤナギです。
やれ強風だ、やれ雨だ、それ雪だ(雪降ったんですよう)、クモの巣だ、なんてやってるうち、
ひっそりと咲いていたのです。
ごめんよう。気づかなんだ・・・。

ダッシュしてきた春 アジサイ


昨日なかったものが出現してたり、
あきらかにふた回りぐらい大きくなってたり。(植物の話です。)

庭に出るたび「うぉー!」「ヒェー」など奇声を小声であげている小心者の私であります。

春は一気にスパートをかけてきた、そんな今日この頃でございます。

03_ajisai1.jpg
アジサイの葉っぱが、いきなり劇的変化を・・・。
(ちょっと前までマッチ棒みたいだったんですからホントに。)

憎きトキワツユクサ


春の訪れを喜ぶ日記が多い中、今日の日記はいささかコーフン気味で、
怒りのため、画像が多く、長文、また大変お聞き苦しい点があろうかと
思いますが、どうかお許しを。

ヤブタビラコの日記のとおり、私は雑草と呼ばれる植物にも、
ほどほどの?愛情を持って接しているつもりです。


しかし、許容の限界ってものがあるのだ。
「トキワツユクサ(常盤露草)/ノハカタカラクサ」だけは許せん!!

tokiwatuyukusa.jpg
撮影: Marli Tanabe

白く小さな、一見可憐な花(憎悪むきだし)を咲かせ、私たちを惑わせる。

IMG_1775.jpg
そっと忍び寄る魔の手


そもそもこの「トキワツユクサ」南アメリカ原産の外来種で、
ブタクサなどとともに、環境省の「要注意外来生物リスト」
のひとつとして数えられているらしい。そして鎌倉には非常に多い。

※資料によると、
『近年急速に分布を拡大しており、林床などの日陰に一面に生育するので、
在来種と競合し駆逐するおそれが高い。』とある。


まったくその通りで、むしりとろうが転げまわろうが、
落ち葉が広がった上であろうが、
おそろしい繁殖力でつやつやと不気味に光りながら、
一面に広がっていく。そして絶対に枯れない!!

寒さが続き、しばらく沈黙していたトキワツユクサどもは、
春の到来とともに、背後から再びしのびよってきた。
室外機や花壇の裏という裏、陰という陰に何食わぬ顔で
からまりつつあるのを発見した私は
平常心を失ってしまった、というわけなのであります。

IMG_1779.jpg
こんなところからも、ニヤリと顔をのぞかせる。

昨秋、狂ったようにむしりとったが、
90リットルゴミ袋に軽く10杯のところで、
くらくらとめまいがし、止めた。

IMG_1783.jpg
そのまま放置していたもの。枯れていないのがおわかりでしょうか。


このまま放置すれば、
大事にしているカタクリやツワブキ、スイセンやホトトギス、
ヤブランなど自生している山野草などが
あっという間に覆われてしまうでありましょう。

IMG_1781.jpg
いつのまにかこんなことに・・・。(写真は隣接した敷地部分の現在のもの)

沈丁花の夜


庭じゅうが華やかな香りに包まれています。

IMG_1891.jpg

沈丁花の香りは夜にかぎる、、と思う。
風もなく、とろろんとした春の夜の空気がよく似合う、と思いませんか?

IMG_1893.jpg

今日は陽が沈んだあとの庭で、
この香りに包まれて、しばし、うっとりと過ごしました。

たじろぎつつ開花報告


クリスマスローズ開花ニュースがブログを賑わせていますね。
色々な種類と色の多さと花数の多さに、
たじろぎつつ、報告します!

「はい~。先日名前の判明したピコティちゃん、
スポットの入ったピンクちゃん、開花しましたー。」
歌舞伎町でマイクを持ってアナウンスしてる雰囲気を出してみました。
(たじろぐあまり、品の無い日記に・・・)

IMG_1903.jpg

思わぬ変化を遂げた蕾(シークレットライフなクリスマスローズ)のその後です。1コだけです。

(名前を教えてくださったshijimimamaさんありがとう。)


IMG_1899.jpg
スポットの入ったハイブリッド ピンク

この色ってば!ヒスイカズラ

神奈川県は暖かい日差しと久しぶりの青空の週末。
例年より数週間も遅い梅の開花がようやくはじまったわけですが、
飛躍して熱帯植物はいかがですか?

IMG_1809.jpg

ヒスイカズラ
マメ科 英名:Jade vine
フィリピンのルソン島原産のつる性植物
神奈川県立フラワーセンターにて撮影。
1月17日に開花したそうです。

IMG_1810.jpg

この色、この形、、、自然界とはまったく・・・。
イタリアあたりのキッチンツールか!

IMG_1830.jpg

ニンフェア・コロラータ
タンザニアに自生する熱帯性スイレンの原種

この色、この形、、、キンポウゲ科好きの私の心は
なぜかむずむずと・・・。

シークレットライフなクリスマスローズ

今日までずーっと白だと思っていた蕾が
ホントの姿を見せはじめた。

IMG_1807.jpg

3年前に友人から分けてもらい、育て方も分からず、
夏の炎天下にさらし、←よかれと思って(-_-;)・・・。
瀕死の状態にあったものなのです。


IMG_1629.jpg
2週間ほど前はこんな感じ。

まさに

"Secret Life Of Plants"

by Stevie Wonder

なのかも・・・。うおー。感動した!!


シークレット・ライフ

「Journey Through the Secret Life of Plants」/ スティービー・ワンダー

自然・植物・虫・生きもの・大地・・。
自然に対する愛をテーマにした同名のドキュメンタリー映画の
サウンドトラック盤としてつくられた2枚組みのアルバム。
私はストレスを感じると、これを時々聴きます。
闘病生活を送る知人に、この中の"パワー・フラワー"という曲をプレゼントした。

目の見えないスティーヴィーが映画音楽をつくるということに、
本人もためらったそうで、製作に3年かかったと聞いたことがある。
映画は公開されず、このアルバムもまた彼の作品の中ではマイナーな存在だが、
未公開の映像が目に浮かぶような素晴らしい曲ばかり。
都会の生活に疲れた人に?おススメかも。

ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。