福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

■関東エリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の弟子再び・・・信州限定目玉おやじ 信州りんご 

久々の藤二誠バージョン!
いやぁ、相変わらず藤二誠さん、いい仕事してんなぁ。


IMG_3382.jpgIMG_3383.jpg
今や都内超有名私立の女子高生となった、目玉界におけるかわいい弟子Hちゃんが、
家族で信州・泡の湯に訪れた際に、
『サザエさんみたいなやつです。ほしいスか?』
と、またまた見つけてきてくれたという、感動のエピソードつきだ。

IMG_3384.jpgIMG_3385.jpg

しかも、聞くところによると、
『これは絶対クネさんが気に入るはずだ!』と断言していたというではないか・・・。

わかっている。確実に私を理解している・・・涙。


Lady+Gaga+Telephone+gaga.jpg

ところで、Hちゃん。

ついこの間まで、ポケモン!とか言ってたような気がするのに、
早いもので、今や
LADY GAGA feat Beyonce『TELEPHONE』 に食い入るお嬢さんに成長した。




スポンサーサイト

新年。雪見で一杯!新潟限定目玉おやじ

あけましておめでとうございます。
政治も異常、気候も異常、世界情勢も異常で、
ワシも八方塞という大変な2010年じゃったが、今年は少しはマシな1年に
なるといいんじゃがのぅ!

CA3F0070_2_20110105145336.jpg

福島市は30日に雪が結構積もりましたが、すぐ融けました。
念願の雪の正月にはならず、妙に暖かい元旦となり、やや残念。

IMG_3292.jpgIMG_3291.jpg

新潟県というのは、神奈川県民にとっても、比較的なじみのあるところですが、
福島県は隣だったんですよね。考えてみると。

昨年12月に河合継之介を辿りに、長岡へ訪れた際に入手。

温泉饅頭おやじ 群馬限定

サルかと思った。

温泉饅頭1 温泉饅頭2

高速の運転はキライなんだよなー。
このときも恐怖の体験だった。
去年の夏は、やたらと雷が多かったんです。(ご記憶の方も多いと思いますが。)

豪雨の中、だんだん暗くなり・・・。
ただでさえ緊張のため、ハンドルを握る手がビッショリとなってしまう、
おどおどドライバーの私ですから、
恐怖はピークに達していたことを思い出します。
(んな古いもん今頃アップすんなって。)

温泉饅頭3 温泉饅頭4

豪雨と事故により、道路が封鎖されやむなく入った藤岡PAにて入手した。

妖怪らしい根付 信州限定 わさび

なかなかいい感じだ。 これはキティちゃんには真似できないだろう。
(すぐライバル視。)
あえて、暗めの写真にしてみた。

信州わさび2-1 信州わさび2-3
▲なんらかの恨みのため、妖怪と化したワサビが、今まさに目玉を取り込もうとしている。

信州わさび2-4 信州わさび2-2
▲台紙はほのぼの。

白樺おやじ1 長野限定

なんだろうな。
この、古臭い感じ。

白樺おやじ1-1 白樺おやじ1-2

昔お土産で、木で作られたこういう民芸品、よくもらった気がする・・・。
鉛筆立てになってたりして。
年輪もあるということで。

白樺おやじ1-3

みうらじゅんのコレクションっぽい・・・。
やる気のないコメントだ。

水木ファンは熱かった!小布施庵限定 栗鬼太郎

長野県小布施にある、お煎餅屋さん『小布施庵』が、独自に作っちゃった!という
栗鬼太郎である。

小布施庵7 小布施庵5

小布施庵4

小京都の趣ある小布施は、女性がいかにも喜びそうな雰囲気。
実際まちは女(年配の)だらけの感が。
小洒落たスイーツの店が並ぶなか、
迷うことなく『小布施庵』を目指した私は、お店の大胆なゲゲゲっぷりに、少々驚き、
つい、お店の方に、「水木センセイとご関係が???」と、聞いてしまった。

小布施庵2 小布施庵3
「いえいえ、そういうわけじゃないんですけど、好きなもんですから。鬼太郎が。」
とのこと。
これ、うちでしか手に入らないんですよ!土産屋にも高速にもどこにもないのよ。』
と、誇らしげに語っていると、、、、。

小布施庵6 小布施庵8

”ここでしか買えない” というキーワードを、もちろん聞き逃さなかったオバちゃんの一群が、
『なに?どれ?限定?なになに?』 と、押し寄せてくるではないか。

キャー!! 私の手の中にある「栗鬼太郎」をのぞきこんだオバちゃんたちは、
突然醒めた口調で、「あぁ、ゲゲゲのなんとか?」と言うなり、
クモの子を散らすように、去って行った。

小布施庵1
▲店の前にいる、ちょっとイケメンな鬼太郎が手にしているのは、
水木センセイの関係者の方からのお礼のお手紙・・・。

小布施庵9
▲オバちゃんの一群に押しつぶされ、汗だくになったので、
冷たい抹茶と、栗羊羹で一服。
小布施を味わったのは、この一瞬だけであった。

マイナスイオンを気持ちだけでも。かっぱおやじ 上高地限定

上高地1

上高地5

カッパ目玉おやじ) がしゃべってます。↓
人間はエライもんじゃのぅ。
暑くて、空気悪そうな中で、激しい運動して、(オリンピックのことかな?)
ホントは、家でゴローっと休んでいたいじゃろうに、親や家族のために、遠くまで車を運転したり・・・。
(帰省のことをいってるのかな?)

上高地4 上高地3
▲台紙は、珍しく、笑顔の鬼太郎だ。

管理人(人間)がしゃべってます。↓
信州 上高地は、私にとってはゆかりのある場所であります。

このブログで以前登場した美女、青森の女(ひと)が、この夏初めて訪れたそうで、私のために探してくれた「上高地バージョン」のカッパおやじです。
青森の女(ひと)の記事


信州はあづい。わさびおやじ1 長野限定

信州は涼しい・・・そういう固定概念にとらわれていました。
間違ってました。本当に暑かったです。

わさびおやじ1_2 わさびおやじ1_3
おろし器をもって、うれしそうに (表情はないが) ちょこんと座っている。
後姿のお尻はなかなかキュートで、気に入った。

わさびおやじ1_4 わさびおやじ1_5
▲ぬりかべが、なぜか「わさび色」に。
オールスター登場で、珍しく台紙裏面が違う絵じゃん!と思ったけど、
それぞれの絵を反転してるだけだった。ははは。

善光寺1
善光寺が、コンクリートの照り返しと、猛烈な日差しで、白くモヤっているのだ。

善光寺2
▲風情ある参道も、人気はまばら。
強い日差しを極度に嫌う私は、もちろん、目がうつろ。
しかし、ご当地おやじ探しは怠ることなく、こちらのお店で入手。
(この強い意志と努力を、別のエネルギーに変えられないものか。。。自問自答)



だるまはいい奴なのか? 風水だるまおやじ 群馬限定

だるまは福の象徴!群馬県高崎は、だるまのふるさと!
選挙のだるまは、ほとんどが高崎市で生産されてるんだって。

群馬だるま3 群馬だるま4

でもね、こんな怖いだるまもいるのだ。

群馬だるま5
▲とある古いビルの、存在しない四階に、なんと、だるまが事務所を構えた。
退治に向かった鬼太郎に、だるまは、すごい攻撃をかけてきた。

だるま6
▲だるまの内臓は、すべて ”子だるま” になっていて、
無数の子だるまが鬼太郎に襲いかかったのだ。さすがの鬼太郎もたじろいだ。
手前の目玉おやじも、だるまにつかまっているのではなく、抗戦しているのだ。
鬼太郎が子だるまの一匹をかじって、無事退治した。

群馬だるま2
▲台紙のほうのだるまは、どうやらのぞき
おやじの入浴をのぞいてどうする。

福を持ってくるのか、なんらかのビジネスで悪いことを考えているのか、
それとも、単なるヘンタイなのか、
謎は深まるばかりなのであった。

※群馬 藤岡PA上りで入手。
フィギュアは、カバヤの食玩 「妖怪危機一髪」シリーズ。

りんごおやじ 信州限定

信州りんごです。フルーツであるだけに、ファンシー&ひねりようがないですね。
そんなわけで、ブログに掲載するのが遅くなりました。

りんご1 りんご2

おなじみの○○に乗っかっているシリーズです。

りんご3

▲りんごの雲。台紙もファンシー一色です。
ご当地目玉おやじを妖怪免疫のない方にお土産として買っていく場合にも、
このくらいなら許してもらえそうです。

タグ : 目玉おやじ

天然記念物 VS. 妖怪 雷鳥おやじ 信州

ライチョウは、特別天然記念物で、長野県・岐阜県・富山県の県鳥なんですねえ。
とーっても大事な鳥さんなんですね。

らいちょう3 らいちょう2


冬になると毛が白く変化するらしいじゃないですか。
ステキだわー。

らいちょう1

▲かわいいし、ちゃんとしてるし(?)、ツッコミどころも無いですが、
台紙がすっごいペラペラの1枚なんですねー。珍しい。
(アラ探しすんな。)

※軽井沢のアウトレットモールにて従姉が入手してくれた。

風林火山とキティちゃんの接点は?

地域限定目玉おやじを探し歩いていますと、
どうしても、各地で「ご当地キティちゃん」のバラエティの豊かさに目をみはります。
日本を訪れた外国人の方々のお土産も「キティちゃん」が高い人気を誇っているようですし、そのグローバルな活躍ぶりにがっくりとうなだれることが少なくありませんが、

昨年の秋に甲府、武田信玄の旅へと出かけた折、
武田神社内の宝物館に、キティちゃんがおわしまして、・・・。

キティ

▲一応なにか理由があろうかと石像!の周囲を探してみましたが、説明のようなものは見つからず・・・。武田信玄が猫が好きだったとか?猫が戦勝に導いたとかいう伝説でもあるのか?

甲府3

▲奥へ進むと、あるわけですね。

ご当地目玉おやじ愛好家としては、改めてライバルの偉大さを実感した次第です。
(そもそもライバルなのか。という基本は脇においておくことにします。)



塗り命。いちごおやじ 栃木

これも、なすびと同じ、那須高原SAにて入手。
なすびおやじの記事

栃木のいちごというと、「とちおとめ」だね!ってそれはいいんだけど、

栃木いちご5 栃木いちご4

▲この売り場で買ったなすびおやじには、
鑑識の人はいらないくらいの指紋がバッチリついているわけなんだが、
こっちは、いちごに頭つっこんでるね。完全に。
ペンキ(っていうのかな?)つけすぎちゃったよ!
しかも、いちご、カンタンそうなのに。。。

私は子どもの頃、父のプラモデル作りをよく手伝わされたんですが、
塗りはやらせてもらえなかったもんね。プラモデラーにとっては、一番神経をつかうパートなのだ。きっと。

栃木いちご3 栃木いちご1 栃木いちご2


まぁ、アラばっか探してる姑みたいで申し訳ないが、
塗りは命ってことで。

なすびおやじ 那須限定

那須(なす)で「ナス」というわけか。

那須1 那須2


那須6 タンコロリン

目玉おやじは別段どうということはないが、ナスと同化してしまった児啼爺はイイ!
野菜や果物の妖怪というのでは、古い柿の木が妖怪化した「タンコロリン」という仙台あたりの妖怪がいる。
柿の実がなっても食べないでいると、こんな妖怪になってしまうらしい。近所にそんな柿の大木があるお家があるんだけど、せっかくたわわについた柿の実が車のタイヤで潰されてしまっているのを見ると、私はとても気になる。あのお家のひとは大丈夫だろうか。
▲右:柿の木の妖怪「タンコロリン」

那須4 那須5

▲相変わらず食欲旺盛な猫娘。

那須3

▲なーんか、お尻がボトボトした感じだなぁ。お尻はつるっとしてないとなぁと思ってよく見ると、こりゃ指紋だね。それもまたべったりと・・・。


東北道那須高原SA上りで入手。

信州限定 ゲゲゲの幸せウェディングだぁ?

おいおい、どうなってんだ。
”「ゲゲゲの鬼太郎」の父上である”という基本を完全に失ってしまっている状況を前に、どう受け取っていいのか、戸惑う私です。

軽井沢2 軽井沢3

▲ピンクのジュエリーが腹立たしい。
後姿のドレスの肩ヒモに至っては、思わず目を背けてしまうではないか。

軽井沢1

▲白いタキシードを着て、花嫁(目玉おやじ)の肩に手を回す鬼太郎。
「父と息子である」という前提は、どこにも見当たらない。
ねずみ男なんか、泣きながら祝福してるし。薬でも飲ませたか?

信州限定ちびマスコット 「炎天下のおやき事件」

番外編の「ちびマスコット」です。従姉が軽井沢のアウトレットで見つけてくれた。

おやき2 おやき1

▲この、キティファンは絶対手を出さないであろう、うす気味悪いマスコットは、フェルトでできた、ふわふわタッチ!の目玉おやじです。「かさぶた」のように見えるものは、信州の郷土料理「おやき」の焼き色を表現したものと思われます。

わさび1 わさび2

▲こちらは「わさび」を表現したものです。私にはワサビの茎?の部分が長いアゴか髭に見えてワサビではなく村の長老に見えて仕方ありません。姿勢も老人ぽいし。フェルトだから?どうでもいいけど。

父親が信州松本出身の私には、「おやき」という素朴な郷土料理は大変身近な存在である。

おやき」というと、うん十年前のある夏の日の「炎天下のおやき事件」が思い出される。

ドキドキワクワクのダブルデートでビーチへと繰り出した私は、母親が「皆で食べろ」と持たせてくれたランチをあけて、たじろいだ。

そこには、夏の日差しでムレムレのアツアツになって、かつ、いびつな「おやき」がゴロゴロと。

東京生まれの友人たちは目を見張り、『その得体の知れないものはなにか』と言う。
おそるおそる口にした彼らは、戸惑いながらも『クネ(私)のお母さん、ファンキーだね!』『結構美味しいよ』などと、フォローしてくれたけどね。

ビーチに行くって言ってんだからさ、普通サンドイッチとかさ、なんかないか?ほかに・・・。
まぁとにかく、そういう母親でした。
高校のときの弁当は、「ナン」だったし。インドの「ナン」。


ご当地ですよ!全国の郷土料理はコチラ

タグ : おやき

黄金色の富士山おとこ

友人のU夫妻が、信州へ帰郷の途中、中央高速道談合坂SAにて見つけてくれた。田舎のない私だが、こうした友人の好意により、この夏の帰省シーズンには思わぬ収穫があった。

富士山ねずみ男2 富士山ねずみ男1

▲黄金色のねずみ男。台紙のイラストは、ねずみ男本人のみ。

友人いわく、中央道に目玉おやじはいなかった・・・らしい。
最近、初めて行った場所でも、ご当地キャラ根付の陳列コーナーがどのあたりなのか、ほとんど臭いで分かるようになってきた私だが、(誇張。)
まっしぐらに直行し、カ○ちゃん・・・キ○ィ・・・キュー○ー・・・セサミ○トリート・・・ドラ○えもん・・・。
うぅーん。またしても収穫ナシか、、ということは少なくありません。

品薄、入手困難、、となってくると、ますます欲しくなる。
そういうものなんであります。

新潟こしひかり 目玉おやじ

私の「地域限定目玉おやじ」の収集は、友人の妹君すら巻き込む始末となった。
妹君Sちゃんが夏休みに訪れたホテルグリーンプラザ上越にて見つけてくれたおかげで、初の信越バージョン第1号となった。

koshihikari4.jpgkoshihikari5_20101115124132.jpg



▲このお尻の突き出し加減のせいだろうな。今流行のロデオマシーンに乗りつつ、真っ白いコシヒカリを食べようとしているように見える。
てんこ盛りのゴハンがこぼれそうだ。箸も巨大で食べにくそうだし。
痩せたいけど、食べたい、みたいな感じか。

こしひかり1 こしひかり2

▲私のお気に入りメーカー、藤二誠の猫娘。
ものすごい食べっぷりだ。
最近のアニメの猫娘ときたら・・・。本来の猫娘はこうでないとね。
妖怪だからね。

こしひかり3

前の記事に登場する中学生のHちゃん

こしひかり6

▲背面の「米俵を盗んで逃げているネズミ男」について報告してくれた。
細かいところにもきちんと目を向けるHちゃんにますます期待大だ。

ストーリーを読む 群馬キャベツ

花火を愛する親友Mちゃんが有名な新潟長岡花火大会に行った際に、途中の赤城PA(赤城高原SAかも)でご息女(※文中ではHちゃんとする。)とともに見つけてくれた。
Hちゃんは妖怪好きな私のよき理解者であり、今後の成長が楽しみな子である。


gunma1_20101115123624.jpggunma2.jpg

▲Hちゃんの分析によると、このストーリーは以下の通りである。

「一反木綿は、キャベツ畑から盗んだキャベツをたくさん背中に乗せ逃走中である。でも布だから、コロコロと戦利品が落っこち始めている。そのキャベツにかじりついているのが猫娘である。」

さすが難関有名私立中学校に一発で合格したお嬢さんである。
少ない情報からお話を導き出す感性と想像力に、脳年齢の高い私は脱帽だ。

なるほど、それで ”みんな!なんてことしてるんだ!” と鬼太郎が慌てているってわけだね。つじつまが合うではないか。
しかし、目玉おやじさんの、 ”盗難現場だけど、キャベツの中でチョウチョやアオムシくんと、われ関せず” な感じはどうしようか。Hちゃんに今度聞いてみよう。

gunma3.jpggunma4.jpg

▲虫好きのMちゃんが嬉しそうに報告してくれた青虫。
アップにすると、かなりカワイイ。

ところで、群馬県嬬恋村は、キャベツで有名なところだが、なんと
9月9日(日)に
キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ(略してキャベチュー)」というイベントが予定されている。
これは、”日頃寡黙な日本の男たちが特産のキャベツ畑から、妻へ愛の言葉を大胆に叫ぶ” ただそれだけです。という企画。雄大な浅間山に夫婦愛のこだまを響かせようという。
叫んだ後に、軽井沢白樺協会で結婚式を挙げるカップルも同時募集中だ。
今年は、畑を見渡す丘に“愛の叫び台”を特設するという。

詳しくは、群馬県嬬恋村公式サイト

ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。