福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

■群馬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉饅頭おやじ 群馬限定

サルかと思った。

温泉饅頭1 温泉饅頭2

高速の運転はキライなんだよなー。
このときも恐怖の体験だった。
去年の夏は、やたらと雷が多かったんです。(ご記憶の方も多いと思いますが。)

豪雨の中、だんだん暗くなり・・・。
ただでさえ緊張のため、ハンドルを握る手がビッショリとなってしまう、
おどおどドライバーの私ですから、
恐怖はピークに達していたことを思い出します。
(んな古いもん今頃アップすんなって。)

温泉饅頭3 温泉饅頭4

豪雨と事故により、道路が封鎖されやむなく入った藤岡PAにて入手した。
スポンサーサイト

だるまはいい奴なのか? 風水だるまおやじ 群馬限定

だるまは福の象徴!群馬県高崎は、だるまのふるさと!
選挙のだるまは、ほとんどが高崎市で生産されてるんだって。

群馬だるま3 群馬だるま4

でもね、こんな怖いだるまもいるのだ。

群馬だるま5
▲とある古いビルの、存在しない四階に、なんと、だるまが事務所を構えた。
退治に向かった鬼太郎に、だるまは、すごい攻撃をかけてきた。

だるま6
▲だるまの内臓は、すべて ”子だるま” になっていて、
無数の子だるまが鬼太郎に襲いかかったのだ。さすがの鬼太郎もたじろいだ。
手前の目玉おやじも、だるまにつかまっているのではなく、抗戦しているのだ。
鬼太郎が子だるまの一匹をかじって、無事退治した。

群馬だるま2
▲台紙のほうのだるまは、どうやらのぞき
おやじの入浴をのぞいてどうする。

福を持ってくるのか、なんらかのビジネスで悪いことを考えているのか、
それとも、単なるヘンタイなのか、
謎は深まるばかりなのであった。

※群馬 藤岡PA上りで入手。
フィギュアは、カバヤの食玩 「妖怪危機一髪」シリーズ。

ストーリーを読む 群馬キャベツ

花火を愛する親友Mちゃんが有名な新潟長岡花火大会に行った際に、途中の赤城PA(赤城高原SAかも)でご息女(※文中ではHちゃんとする。)とともに見つけてくれた。
Hちゃんは妖怪好きな私のよき理解者であり、今後の成長が楽しみな子である。


gunma1_20101115123624.jpggunma2.jpg

▲Hちゃんの分析によると、このストーリーは以下の通りである。

「一反木綿は、キャベツ畑から盗んだキャベツをたくさん背中に乗せ逃走中である。でも布だから、コロコロと戦利品が落っこち始めている。そのキャベツにかじりついているのが猫娘である。」

さすが難関有名私立中学校に一発で合格したお嬢さんである。
少ない情報からお話を導き出す感性と想像力に、脳年齢の高い私は脱帽だ。

なるほど、それで ”みんな!なんてことしてるんだ!” と鬼太郎が慌てているってわけだね。つじつまが合うではないか。
しかし、目玉おやじさんの、 ”盗難現場だけど、キャベツの中でチョウチョやアオムシくんと、われ関せず” な感じはどうしようか。Hちゃんに今度聞いてみよう。

gunma3.jpggunma4.jpg

▲虫好きのMちゃんが嬉しそうに報告してくれた青虫。
アップにすると、かなりカワイイ。

ところで、群馬県嬬恋村は、キャベツで有名なところだが、なんと
9月9日(日)に
キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ(略してキャベチュー)」というイベントが予定されている。
これは、”日頃寡黙な日本の男たちが特産のキャベツ畑から、妻へ愛の言葉を大胆に叫ぶ” ただそれだけです。という企画。雄大な浅間山に夫婦愛のこだまを響かせようという。
叫んだ後に、軽井沢白樺協会で結婚式を挙げるカップルも同時募集中だ。
今年は、畑を見渡す丘に“愛の叫び台”を特設するという。

詳しくは、群馬県嬬恋村公式サイト

ご当地目玉おやじの収集ブログです。

クネ

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。