福島発・東日本大震災・原発事故についての投稿ばかりになっちゃいました

トップ_北海道まりも 東北トップ_こけし トップ関東とちおとめ トップ関東東京タワー冬 トップ東海_しゃちほこ 北陸 近畿 トップ中国_しじみ
北海道 東北エリア 関東甲信越 東京・神奈川 中部・東海 北陸エリア 近畿エリア 中国エリア

トップ四国_お遍路さん トップ九州_熊本ラーメン 広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北のそばと温泉
四国エリア 九州・沖縄 目玉おやじ広域 鎌倉のくらし 福島のくらし どうでもいい話 東北の蕎麦と温泉天国

■岩手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の心を揺さぶるのね。岩手のリズム~北上みちのく芸能まつり

3年越しの悲願「北上みちのく芸能まつり」は、過酷でそしてゴージャス、そして鎮魂と復興への祈りそのものだったように思えた。


みちのく芸能まつり


一体全体、どうしてこんなにも岩手の音とリズムと舞に惹かれるのか。
私の前世が、岩手のどこかの村の娘だったのか?

村の若衆の晴れやかな姿に、おどおどと心を震わせて、実らぬ恋に身を焦がしていた・・・そうに違いない。


私の目当ては、北上市地元の芸能「鬼剣舞」であることは当然だけど、
この祭りのすごいところは、岩手全土で受け継がれる神楽と大好きな「鹿(しし)踊り」、
さらにはそのほかの様々な民俗芸能が、まちじゅうで行われているというすごい祭りなのだなのだ!!!
岩手のひとたちは、当たり前のようにこんな文化を持っている。

→みちのく芸能まつり公式サイト

新しい出会いもあった。

それは、釜石、大槌町に伝わる「虎舞」。


こういった舞にさほど興味は無かったのだけど、このリズムはどうだろう!
演目のひとつ「跳ね虎」からクライマックス「笹喰み」へと移るときの太鼓のリズムも忘れられない。

すごい動画も見つけてしまった。1976年のおそらくNHKの番組だろうか。

ああ、そうなのだ。
本来「虎舞」は、釜石・大槌の海の男たちと大海原。それが主役なのだなぁ。
これを見たら、きっと感動するぞーー。



岩手・沿岸部の人たちのこの1年5ヶ月。

岩手県には、1400以上もの芸能団体があるのだそうだ。
大切に受け継がれてきた道具はもちろん、共に練習した仲間を失ってしまわれた方々も少なくない。


灼熱のまちなかで、重い装束をつけ舞うひとたち、共通してあったであろう鎮魂と復興への願い。
継承している若いひとたちの姿も少なくなかった。

それを考えたとき、
岩手の文化の奥深さへの感動と同時に、私の祈りの気持ちも深くなる。




▲ こちらは、私の動画ダイジェスト。青笹鹿踊りのラスト(間に合わなかった!)と、虎舞のお囃子と太鼓のほんの一部。

 「大漁万作 商売繁昌でエー ヨイトサノサー」

 「鍋 釜 売っても 良い嬶持たんせ 一生の花だよ」
 「 ホー ホー ハー ヨイトサー」
   
 「ソコラガ大事だ」 「ソコラガ大事だ」
 「ソレ アヨイトサー」




▲こちらは、鹿踊り会場ダイジェスト。
宮沢賢治もこの鹿踊りが好きで、『鹿踊りのはじまり』という短編がある。
飽きることなく眺めていたという。

ビデオ最初ののグループ、花巻農業高校の若きひとたちのキレと若々しさに、村娘の妄想が広がる。



スポンサーサイト

あったずもな・・・。また号泣。 遠野岩手

遠野への憧れと感動が溢れ、どうも本題を書き始められない。(大げさかしら)
遠野ってどんなとこだったのか。うまく表現できないのであります。

ただ、この写真で伝わりますか?


デンデラ野の近く、「遠野物語」にも登場する山口の水車

「むかしむかし、あったずもな・・・」という語り口で
始まる昔話を囲炉裏端で聞くことができた。運よく、お題は「オシラサマ」であった。
馬が長者の娘に恋をしたが、怒った長者に殺されてしまい、
それを悲しんだ娘とともに天へと上っていった悲しいお話である。
「オシラサマ」は、養蚕の神さまでもある。


オシラサマ

隣に座っていたご夫婦の奥様は、一見派手目の仙台の人だったが、
お話が始まって間もなく泣き出し、
終わっても号泣。
そして、私も号泣。

それにしても、よく泣く旅である。

ところで、帰る間際、こんなビールがあることを発見。
「ZUMONAビール」ZUMONA とは、「あったずもな・・・」のズモナらしい。

岩手のおたから by「ご当地ですよ!」

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
タグ : 遠野

みちのくの子 岩手遠野

20年来憧れ続けてきた遠野へと訪れた今回の旅の中で、
やけにツボに入った言葉が、
夫の言った「みちのくの子」。

「みちのくの子」・・・。
いい響きだ。
旅の中で、どのように使ったかというと、、



↑上「みちのくの子 その1」。

上の写真は、それを表わしたひとつである。
南部の曲がり屋で行われていた「どべっこ祭り」での1シーン。
民俗芸能である神楽を、一言も発せずじーっと見つめる兄。
寝転びながら、まるでTVを見るような雰囲気でエンジョイする妹。


「みちのくの子 その2」は、残念ながら画像が無いが、
「南部せんべい」屋さん。
一つ一つ鋳型をひっくり返しながら焼いているおじさんの手元を
やはり、一言も発せず、表情も変えず、じーっと見つめる坊ちゃん。

「みちのくの子 その3」は、温泉宿のゲームコーナー。
動きの悪いエアホッケーを、我々大人が浴衣姿でやっている場面だ。
ふとみると、台の横にやはり、一言も発せずじーっと見つめるお譲ちゃん。
酔っ払った私が「やる?」と声をかけ、スマッシャーを渡すと
表情も変えずに、それを受け取り、ちょこんと構え始めたというシーン。

あああ・・・。「みちのくの子」ってかわいい。

カメラを向けられれば、「はいはい」ってな、慣れた動作で、
カメラ目線でピースサインをし、大人のあしらい方を知っている
都会の子どもばかりを見慣れている私には、
子どもらしい子どもに出会った気がして、
これまた、心揺さぶる出会いであったのであります。

岩手県のおたから by ご当地ですよ!

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

タグ : みちのく

カッパおやじ 岩手県遠野

ずっと気になってたんですよね。

遠野でキャラクタをつくるとすると、
まあ、ありきたりだが「河童」だろうと・・・。
しかし、目玉おやじは妖怪。
河童も妖怪。

通常のパターンでは無理があるんではないだろうか。
余計なお世話だったのですが、
そんなことを考えながら岩手県遠野へと向かいました。

かっぱ1 かっぱ2
▲考えすぎだったみたいですね。ハイ

かっぱが淵
▲遠野のかっぱ淵は、ひっそりと、私を待っていてくれた。


「ご当地ですよ!」ご当地妖怪度チェック

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

南部美人おやじ 岩手

こんなおじさんの姿を見ることも最近はなくなってきた
ように思います。って、今までも接近遭遇したことはないんですが。

 

上半身のおやじぶりとは正反対に、
やけになまめかしい下半身のおやじさんです。

そういえば、岩手の人たちの宴会をいくつも覗き見しましたが、
たしかに乱れてましたねえ。発散してましたねえ。
加わりたいような衝動を抑えつつ、静かににごり酒を飲む夜でした。

岩手のうまい酒 by ご当地ですよ!

ご当地妖怪度チェック

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

号泣 鹿踊り 岩手花巻遠野の旅1

憧れていた東北岩手にやっと訪れることができました。
鹿踊り(ししおどりと読む)を見せてもらうチャンスに恵まれ、
初めてスティービー・ワンダーを間近で見た
高校生のときの気分にも似た興奮体験でありました。




いわての文化情報大辞典

岩手県には、様々な鹿踊りがありますが、
この花巻のものは、8人の群舞で、猟師の撃った鹿を供養する
ためのものだったとか。

独特の太鼓のリズムと勇壮な舞は、一瞬も目をそらすことができないほどの
魅力に溢れていて、またしても、
打撃を受けてしまった。みちのくのリズム・・・。

泣きながら、異常なまでの視線を送られる踊り手の方々、
コワかったですか。すいません(-_-;)

岩手のおたから by「ご当地ですよ!」

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

南部鉄びんおやじ 岩手県

岩手県シリーズその2です。
花巻温泉にて購入。

 

そうきましたか。
いいですよね。味わいがあって・・。
うちにも昔からこの南部鉄瓶がありましたが、
使わずに放置してるとサビるんですよね。もちろん。
この手入れ法は、お茶なんですね。
お茶っ葉を入れて磨くと美しく甦るんですよってこれ常識だったりして。

それにしても、「実写版ゲゲゲの鬼太郎」公式サイトが、いよいよGWに公開予定ですが、
ウエンツ瑛士の「鬼太郎」。
鬼太郎のお母さんは、お岩さんの家系の幽霊ですから、
目玉おやじが、実は外国人ということになりますか。

ご当地妖怪度チェック
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

岩手三大麺 目玉おやじ

岩手は花巻・遠野の旅シリーズです。

岩手はラーメン消費量日本一と聞いたことがありますが、
これは、ラーメンというより岩手三大麺の一つ、
冷麺のことのようです。

椀シリーズです。


わんこそばおやじ


冷麺おやじ

まあ、これどんな風にもアレンジ可能で、
デザインも一つでいいわけですよね。
多分、「喜多方ラーメンおやじ」とか、「和歌山ラーメンおやじ」とか、
「博多ラーメンおやじ」とか、色々いるんでしょうか。
お椀の色と文字が違うだけなんだろうけど、
買っちゃうとこが、また・・・。

「ご当地ですよ!」ご当地妖怪度チェック

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ


ご当地目玉おやじの収集ブログです。

神奈川県鎌倉市で全国のご当地に思いを馳せていた私ですが、夫の転勤で福島県福島市に暮らすことになりました。
通常は地域限定目玉おやじのストラップのコレクションと旅ブログですが、3.11以降、すっかり原発事故・震災関連記事ばかりになってしまいました。

いつか、またご当地に思いを馳せる日がくるでしょう。

当ブログは・・

伊達市の獣医さんのブログ

おいでくださって、ありがとうございます。

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。